キムチ豆腐は髪にいい食べあわせ

薄毛を気にしはじめると、比較的に外では辛いものとか、刺激のあるものを敬遠しがちですよね・・・。だって、汗が出て、無残な姿をさらしてしまうから・・・。でも、髪の天敵かと思っていたら、むしろいいようです。汗が出て、外観を損なうことはあっても、育毛には効果がありそうなのです。

まず、キムチと豆腐と書いたののですが、キムチに入っている唐辛子(カプサイシン)がいいことと、それを助ける豆腐(イソフラボン)でキムチ豆腐にしてしまいました。別に豆腐に唐辛子をかけてもいいのです・・・が。話がずれてしまいましたが、唐辛子に含まれるカプサイシンが、知覚神経を刺激して、毛根まで、刺激が届くことで、育毛の物質が分泌され、育毛を促進させてくれるのです。カプサイシンは、刺激をし、その情報をイソフラボンが運んで全身まで行きやすく、毛根まで届けるイメージです。

では、一日にどのくらい食べればいいのでしょうか?唐辛子なら、2グラム。大豆は200グラムです。唐辛子はスプーン2杯で大豆は豆腐半丁です。ものにすると大した量でないことがわかります。

いかがでしょうか?この量なら始められる量ではありませんか?生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

その他、育毛・薄毛・髪の毛に関する情報はこちらを参考にしてください。